デイサービス 訪問介護 福祉タクシー 福祉用具
介護用品レンタルの流れ
care goods
<介護者の限界>
65歳以上の高齢者がいる世帯のうち、単独世帯と夫婦のみ(二人)の世帯をあわせた比率はすでに40%を超えています。介護者が、介護のために仕事をやめたり休職・休暇取得したケースが全体の32%にも達しています。 また、家族にて介護する人の高齢化も始まっています。介護の悩みをアンケート調査した結果、精神的に負担を感じる人が多く、家族介護の過熱と限界が表面化しています。 そのためにも各介護・医療に関するトータルのサポートが必要になってきます。当社ではいつでも相談できる窓口を設けております。またお電話でもお気軽にご相談ください。
TEL 076-422-7003

◆格安中古福祉車輌あります

格安50万円〜(諸費用は別途必要になります)
詳しくはお問合せください!



事業内容のご案内
福祉用具貸与事業介護用品レンタル・販売
福祉車輌事業 新車・中古車販売

ページトップへ

介護保険適用内容

【特定福祉用具の購入】

腰掛便座など貸与になじまない福祉用具の購入費が支給されます。 ご利用限度額は、年/10万円(税込み)です。(自己負担は1割です) 保険の対象となる福祉用具は、次の5種類です。

腰掛便座
特殊尿器
入浴補助用具
簡易浴槽
移動用リフトのつり具部分
(いったん全額自費で購入し、「領収書」・「申請書」などを市に提出します)

【適用される住宅改修】

住宅の手すりの設置、段差の解消など住宅改修の費用が支給されます。
ご利用限度額は、原則として一回限り20万円(税込み)です。(自己負担は1割です)保険の対象となる住宅改修は、次の6種類です。

手すりの取付け
段差の解消
滑りの防止、及び移動の円滑化などのための床などの材料の変更
引戸などへの扉の取替え
洋式便器などへの便器の取替え
その他、これらの工事に付帯して必要な工事

ページトップへ

取扱商品のご案内 健康予防用品

 

ページトップへ

介護用品レンタルの流れ

介護用品レンタルの流れ図